歴史をたどろう!奈良のマニアックな観光スポット3つ

由緒正しい神社で古い歴史を学ぼう

奈良県桜井市にある大神神社は、古い歴史をもった神社です。「古事記」や「日本書紀」にも大神神社のことが書かれており、日本最古の神社と言われています。御祭神は大物主大神(おおものぬしのおおかみ)という神様で、龍神であるとされ雷や水を操る力を持っているそうです。大神神社では山そのものを神と考えているので、木や草を伐採することを禁じています。

神武天皇を祀る神社で歴史の重みに触れよう

橿原市にある橿原神宮では、日本の最初の天皇とされる神武天皇と、その后である媛蹈?五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)を祀っています。明治23年に創建されました。橿原市は2600年余りもの歴史を持っているとされ、多くの歴史研究家も訪ねる人気スポットです。平成28年には神武天皇二千六百年大祭が行われ、平成30年には河相周夫侍従長から銅鏡が贈られました。橿原神宮の本殿や外拝殿は見事な造りで、間近で見ると圧倒されるでしょう。

3万本もの桜の木が植えられた山で癒される

吉野町にある吉野山は春になると3万本もの桜が満開になり、絶景が広がります。山一面が桜で埋め尽くされる風景は、他ではなかなか見られないでしょう。桜だけではなく、四季折々の風景も大変美しいので、季節ごとに観光することをおすすめします。森林浴やハイキングををするのにも適した場所で、多くの観光客が集まっています。昔は修験道の聖地として有名な場所だったそうです。後醍醐天皇や源義経と縁の深い吉水神社や、静御前の伝説で知られている勝手神社、そして金峯山寺など、奈良の名所があちこちに点在しているので奈良の歴史をたどることができるでしょう。

バイザポートについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です